海外旅行では危機管理を十分に!

日本人は世界から、とても豊かな国だと思われています。事実、日本は先進国です。 なので、海外旅行をした際に、特に狙われやすいのです。 海外旅行で犯罪に遭わないためには、しっかりと危機管理を持つことが大切です。 犯罪にも種類が沢山ありますが、特に日本人が海外で遭いやすい犯罪が、詐欺と盗難です。これらの犯罪はとても悪質です。普通に日本で買えるカメラやピアスや時計などは現地の人にとって、収入の十分の一程度の物になっています。実際の例では、女性が耳からピアスを無理やり盗られて怪我をしたという報告もあります。なので、出来るだけ、こういった財産は身に付けないようにしましょう。 そうすることで上記の犯罪に遭う確率が下がり、安全に楽しく、海外旅行を終えることが出来ます。

貴重品の管理を分散する!

貴重品は分散して管理しましょう。 具体的な方法は、スーツケースにお金をいくらか忍ばせるや、財布とは別に小銭入れを作って、その中にお札も分散して入れるなどが有効です。こうすることは、防犯対策になります。 追記の注意点として、分散するのは良いですが、なるべく貴重品などの財産は、ホテル内の自分の部屋などに不注意に置かないことです。理由はホテルの従業員が盗んだりするからです。信じられないと思うでしょうが、実際にあります。 そして、どうしても貴重品などの財産を持ち歩く場合は、具体例で時計やカメラなどですが、外でむき出しで持ち歩かずに、隠して持ち歩くのが良いです。 こういった犯罪は自身の不注意が招いたりもするので、貴重品の管理には十分に注意をしましょう。